しっかり立って、希望の木

treeofhope.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イタリア&パリ( 32 )


2012年 06月 11日

旅のまとめ

2年前、大切なものをなくし、死にかけた私が
あの日パリの町に立っていた。

-人生は巡る-
私は100%復活した。

いろんな人たちの支えのおかげで。
そして、ヨーロッパの美しい街並みのおかげで。

ヨーロッパは意外にも私の心を虜にした。
ずっと興味がなかったのに。

帰って来てから、私の生活は変わった。
テレビでヨーロッパの映像が流れると、
目が釘付け!

そう、今、私はヨーロッパにかぶれているの。

だけどね、美しすぎる景色、重い石造りの町に
囲まれ続けていると、私は息苦しくなるみたい。

日本の雑然とした
整っていない街並みにほっとするのよ。

ビルと民家と緑みたいな。

そして海が恋しくなった。
鎌倉行った。
今はアジアンフードが食べたいわ。
とくにフォー。

でもまた行くわ。
ヨーロッパ。

次は北欧かスペインがいいな。
パリももう1度行きたい。
ファッションチェックに!

因みに6月は、WOWOWシネマにてフランス月間。
パリで見た『ザ・ヴォイス』にも今ハマっています。
『ヨーロッパ路地裏紀行』も好き。

しばらくは日本の中のヨーロッパの匂いをくんくん嗅ごうと思います。
a0262144_0504158.jpg
[PR]

by treeofhope | 2012-06-11 00:35 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(6)
2012年 06月 11日

成田着 2012年3月20日

072.gifツアー10日目               

07:00 成田空港着
      通関後、自由解散です。
      お疲れさまでした。


旅が終わると、寂しい気持ちで
友とお別れするんだろうけど、
私とイムジンは、ごろごろとスーツケースを押して帰った。
同じ家に。(当たり前だけど)

家に辿り着くと、
またそこが今日泊まるホテルみたいに感じられた。


終わり
[PR]

by treeofhope | 2012-06-11 00:26 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 10日

パリ→ローマ→成田 2012年3月19日

072.gifツアー9日目

04:30 ホテル出発

07:00 パリ発。空路、アリタリア航空(AZ-0317)にてローマへ。
     (所要時間:約2時間5分)

09:05 ローマ着後、航空機を乗り継ぎ

10:45 ローマ発。空路、アリタリア航空(AZ-0782)にて帰国の途へ。
     (所要時間:約12時間15分)

朝食:ボックス朝食 昼食:機内食2回 夕食:なし
機中泊



ホテルの部屋にて、
余った飲み物と余ったお金
a0262144_2217993.jpg
↑ミント味のボルヴィックは苦手でした。
まるで歯磨き粉を飲んでいるみたい020.gif
スミノフは大好き。
朝、起きて、この2本しか無かったらどっち飲む?


憧れのシャルル・ド・ゴール空港053.gif
a0262144_22211264.jpg
みんな免税手続きに行ってしまいました。
私たちはマカロンとチョコを買いました。



ローマの空港では輪になって、
添乗員さんがご挨拶。
(成田に着いたら自由解散の為)

何だか寂しいな007.gif
こんな気持ちになるなんて!

記念に、
添乗員さん、高校生親子、旅慣れ親子、そして大好きな倉敷親子と写真を撮る。

もう会うことはないかもしれないけれど、
良い思い出を共有できた貴重な旅仲間たち。
さようなら


頼れるイムジンの後ろ姿
a0262144_22253145.jpg

どこにいてもイムジンはイムジン。
気取らず果敢にイタリアにもフランスにも挑んでいた。
おかげさまでツアーなのに唯一無二の旅となりました。
今度はツアーじゃない旅をしましょう。
あなたはツアーじゃおさまりきらないので。



今日は雨。あの飛行機で旅立つわ
a0262144_22274543.jpg


見て!
後座席の為、日本食を頼んだら、日本食&イタリアンのミックス弁当が出された!
a0262144_22255532.jpg
テキトーだね。
でも好きだよ!イタリア!



[PR]

by treeofhope | 2012-06-10 22:53 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 04日

アメリロケ地めぐり③ 2012年3月18日

カフェ・デ・ドゥ・ムーランを後にし、
雨宿りがてら、小さなお店でキッシュを食べる。
a0262144_23384786.jpg
↑味は・・・まあまあ



ムーランルージュ
a0262144_23382970.jpg
↑昼間のせいか、映画で見たきらびやかさは無かった。


私たちは、ピガール駅から電車に乗らずに、
スターリングラッド駅(アメリのロケ地)まで歩くことにした。

地下鉄2号線のピガール駅からアンヴェール駅の間は、
いかがわしいお店が並ぶ。
映画『アメリ』にて、
ニノが働いていたポルノショップ“ポルノ王ビデオ”がありそうな雰囲気だ。
とにかく怪しい匂いがぷんぷん。

途中、古着屋さんに入ってみたが、古着すぎた。
ヨーロッパの人たちは物を大切にすると言うが、
ここまでとは・・・
でも面白くてつい長居。


バルベス・ロシュシュアール駅近辺(アンヴェール駅の次の駅)
a0262144_2349214.jpg
↑格安衣料店「タチ」が左側に少し映っている。


イムジンはココに行きたかったみたいだけど、
閉まっていた。今日は日曜日。

そして、この辺から歩いていても気が抜けなくなった。
明らかに観光地ではない雰囲気。
人気も少なく、落書きも多い。
体が勝手に危険を察知している感じ。

いざとなったらタクシーに乗って逃げるしかない!
とか、いつ引き返そう?
とかそればっかり考えていた。


路地から望むサクレ・クール寺院。
a0262144_23544989.jpg
↑バルベス・ロシュシュアール駅とラ・シャベル駅の中間辺りだったかな?


個人的にはカメラを出すことも怖いと思った。
モンマルトルの丘にいる頃は平和だったのに。
今のこの緊張感といったら!涙007.gif


ラ・シャベル駅
a0262144_2357656.jpg
↑ラ・シャベル駅も地上駅だった為、スターリングラッド駅と見間違う。


ラ・シャペル駅前には、
ジーパンに皮ジャン姿の大男たちがたむろしていた。
何かをこそこそ渡し合ったり、
集団でいるのを見ると、さすがに怖い。
というかこの界隈、観光客はゼロ。
いつ、襲われてもおかしくないと思った。


やっと着いたわ072.gifスターリングラッド駅
a0262144_024860.jpg

この駅の前でアメリが、子供時代の宝物を届けようとしているドミニク・プルドトー氏の住所を手帳を広げてチェックする
雑誌『TITLE』より


そして、やっと大きな通りに出た。
a0262144_082895.jpg


危険地帯は抜けた感じ。
安心して、疲れもどっと出た。

ディープパリ、
裏のパリ
という言葉が浮かぶ。

私1人だったら、絶対に引き返してた。
貴重な体験をしたわ。
大げさではなく。

日本に帰ってきてから、
『パリ・メトロ散歩』という本を読んで知った。

地下鉄2号線の紹介のページに
“車窓の外はまるで北アフリカ”と記載があったのだ。
スターリングラッド駅あたりで乗り込んでくるのは
アフリカやアラブの人たちなんだそう。

バルベス・ロシュシュアール駅までくると、
格安衣料で大人気の店「タチ」を中心に、
さまざまな国籍の人たちが集まり、たいへんな賑わいだ。
パリというより北アフリカや中近東の町に迷い込んだような錯覚をおぼえる
このあたりは、移民たちの町なのだ。
『パリ・メトロ散歩』より


・・・納得。
確かに、イスラム帽やスカーフを売っているお店や
ローストチキンがぐるぐる回る店など。

食欲をそそる匂いに誘惑されたが、
どうしてもお店に入る勇気はなかった。
中近東雑貨にも興味あったんだけど、手に取る勇気もなかった。
必要以上に怖がる必要はなかったってことか。
でも何も知らない私は、ただただ恐ろしかった。


072.gifサンマルタン運河
a0262144_0253424.jpg
↑アメリの楽しみの1つ
サンマルタン運河で水切りをすること


運河沿いを歩く。
a0262144_02618.jpg

晴れた日に散歩したら気持良いだろう。
今日はあいにくの雨。
それでも地元民に愛されている場所なんだろうな。
というかもう危険エリアから解放されて、
ほっとしたよ。


雨でも元気な子供たち
a0262144_026368.jpg


緑はごみ袋
a0262144_0265244.jpg


狭い道は冒険気分
a0262144_027771.jpg


北ホテルのあたりまできた。
次は、東駅(アメリのロケ地)に行くことにする。
a0262144_03786.jpg


自転車うらやましいな。
レンタサイクルで観光も考えていたけれど、
パリの町を自転車で走るのは危険だと現地ガイドさんに言われて諦めたのだった。
a0262144_0372752.jpg


運河は船も通るよ
a0262144_0274065.jpg


立派な072.gif東駅
a0262144_039373.jpg
↑赤い靴の男の正体を教えるために、アメリがニノを呼び出す場所。
そして、『地下鉄のザジ』のロケ地でもあるみたい。


最後の目的地、アメリが水切りをしていた橋を目指して歩く。
a0262144_0403622.jpg


レプビュリック広場手前のカフェで休憩。
さすがに疲れた。

ふらりと入ったカフェだが、
とってもお洒落053.gif
もっと写真撮りたかったけど、
デジカメは電池切れ、ipodだけが頼り。
とにかくトイレが可愛かったの。
広くてオアシスみたいなトイレ。
洗面台の、芝生にピンクの花のインテリアが忘れられない。


木のぬくもりと緑。
a0262144_043950.jpg


照明も可愛い
a0262144_0434551.jpg


工事中の道を行く
a0262144_0441876.jpg


そしてやっと到着したわ。
本物の橋に!
a0262144_0444614.jpg


ここよ!072.gifサン・マルタン運河の橋
a0262144_0451221.jpg


やり遂げたわ!!!
妙な達成感!!!


もう思い残すことは無いわ。
グッパイ・パリ!!!

と晴れ晴れとした気持ちで帰りたかったが・・・
図書館から借りた『地球の歩き方』のパリの地図が無いっ!008.gif


レプビュリック駅から地下鉄に乗り、再びアベス駅へ戻る。
a0262144_221955100.jpg
↑行きは浮かれて撮り忘れたアベス駅の入り口。はるおいます。。。


茶色い靴を買ったお店が一番怪しいと思い(試着したから)
訪ねるも見つからない。
落ち込んだ気持ちのまま歩く。

そんな中、イムジンが素敵な靴を見つける。
一部蛇柄の靴。
試着してみると、ぴったしですっごく楽!
しかも安い!即購入。

図書館には素直に謝ろう。
謝って、弁償させてもらおう。

パリ、最後の夜。
最後の晩餐は美味しくなかった。



[PR]

by treeofhope | 2012-06-04 23:28 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 01日

アメリロケ地めぐり② 2012年3月18日

ざあざあ振る雨057.gif057.gif057.gif
a0262144_20332370.jpg
↑早足のイムジン


わたしはショーウィンドーの可愛い雑貨に見惚れつつ、
イムジンを追う。


見つけましたよ!
アメリに出てくる八百屋さん072.gifオ・マルシェ・ド・ラ・ビュット053.gif053.gif
a0262144_20333014.jpg
映画『アメリ』の好きなシーンの1つ。
リュシアンがアーティチョークの中にキャビアを隠してガラス男に届けるシーン。
そして、コリニョンの悪口を全力で言うところ


ジャ、ジャーン!!!
a0262144_2034642.jpg


すなわち、この建物がアメリの住んでるアパルトマン053.gif
a0262144_20362917.jpg


このお店は、撮影で変えられた外装のまま営業しているんだそう。
ピンクの女の子もお買い物
a0262144_20362712.jpg


オ・マルシェ・ド・ラ・ビュットの近くの階段。そういえば階段も好き。
a0262144_20344938.jpg


アメリの住んでるアパルトマンのドアの前にて。
めっちゃ嬉しそうな私。
MAX100に達し、感激の涙がこぼれました007.gif
a0262144_2037596.jpg
↑この大きなビニール袋の中には自分へのお土産が入っている011.gif




少し歩くと、ピカソが恋人と暮らしていたというアパート『洗濯船』に到着。
この名前に何だか惹かれる。何故、『洗濯船』という名前なんだろう?
a0262144_20382119.jpg


『洗濯船』近くの町並み
a0262144_20383778.jpg


そして民家・・・だろう。屋根の上の茶色の物体は多分煙突。
a0262144_2038546.jpg


足、長っ!
a0262144_20391053.jpg


パリの町ゆく人たちは期待を裏切らず、みんなお洒落でした。
時間が許されることならば、ファッションチェックを心ゆくまでしたかった。
写真撮ったり、スケッチしたり。
昔は、自分の好きな服を雑誌から切り抜いて、
ノートに貼ったりしていたんだけどな。
今はユニクロに頼り切り。

↑さてこの道を下って行きましょう。

少し歩き、今度はお洒落ストリートに出くわす。
セレクトショップなど覗く。
イムジン、パンツを試着するもスリムすぎて断念。


モンマルトルは坂道だらけ。
a0262144_20394465.jpg


このお店で茶色い皮靴を買いました。
a0262144_2040885.jpg
↑理想的なデザインのバックもあって、
値段も手ごろだったのに、何で買わなかったんだろ?
少し後悔。
日本で少しずつ探してみよう。




さて、アメリが働いていた072.gifカフェ・デ・ドゥ・ムーランに着きました053.gif053.gif
アメリファンには聖地かも
a0262144_21182235.jpg
↑見て、見て!パリの人は傘ささないでしょ?



店内は地元民と観光客のごちゃ混ぜって感じでした。
a0262144_21133924.jpg


a0262144_2114090.jpg


男性の観光客がカメラ取り出して撮影したり、
嬉しそうにニヤニヤしたりしていて、微笑ましい。
アメリはみんなに幸せを与えるのです037.gif


カフェ・デ・ドゥ・ムーランといえば、やっぱりこれですね!
072.gifクレーム・ブリュレ
a0262144_21142825.jpg
↑輝かしいばかりのカラメルソース。
アメリの楽しみはクレーム・ブリュレのお焦げを潰すこと。
私も潰してみたよ016.gif



テーブルクロスやメニュー、店のあちこちにアメリがいる。
a0262144_2114477.jpg


映画の雰囲気そのままのカウンター
a0262144_2115410.jpg


もちろん売店のジョルジェットと録音男ジョゼフが結ばれたトイレにも入りましたよ。
a0262144_21154076.jpg


飾り棚もあったよ
a0262144_21161668.jpg


満足☆満足053.gif053.gif053.gif

だけど、興奮続きで写真撮りまくり、もうすでにデジカメは電池切れ寸前です042.gif
まだお昼だというのに。



[PR]

by treeofhope | 2012-06-01 22:58 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 01日

アメリロケ地めぐり① 2012年3月18日

この記事を書くにあたって、映画『アメリ』を見直してみた。

思い出したわ。好きな台詞
「会う人間は自分で選びたいからな。ろくな人間がいない。」
byガラス男



072.gif地下鉄アベス駅に到着!
a0262144_21155815.jpg


アベス駅は、写真機の前でアメリとニノが初めて視線を交わす駅。
写真機は探したけど、見つからず。でも感動した053.gif
a0262144_21152898.jpg


出口までは長い長い螺旋階段を登る。
a0262144_21174487.jpg
↑壁の落書きが楽しい。



やっと外の世界へ。
モンマルトル界隈を歩く。
a0262144_2121119.jpg


a0262144_21215158.jpg


次の目的地、サクレ・クール寺院はモンマルトルの丘の上にある。
とりあえずこの階段を登ってみよう。
a0262144_21223656.jpg


階段を登り切り、町を歩く。お洒落なお店を発見!
a0262144_1191780.jpg


似顔絵描きたちが沢山いるテルトル広場。話しかけられないように気を付ける。
a0262144_1251737.jpg


いよいよ丘の上っぽい雰囲気。
このケーブルカーに乗ったら楽だったろうな・・・
a0262144_1215832.jpg

でも足を使って歩くのが一番!

モンマルトルの丘の上からの景色。ため息が出るほど美しい053.gif
a0262144_21262912.jpg


だんだん雲が怪しくなってきました。
a0262144_2127957.jpg


072.gifサクレ・クール寺院
a0262144_2128167.jpg


072.gifアメリがニノを呼び出した広場。
a0262144_21284255.jpg


キーワードは
お菓子で作った矢印→
大道芸人のウィンク
そして、望遠鏡
a0262144_2129796.jpg



広場を出てすぐの道
小腹が減った。左も右もパン屋さん。迷って、右のお店に決めた
a0262144_21301284.jpg


フランスのパンは旨いのだ
むさぼり喰う
a0262144_21304447.jpg


この後、大雨に057.gif057.gif057.gif



[PR]

by treeofhope | 2012-06-01 01:40 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 27日

パリの朝 2012年3月18日

072.gifツアー8日目               

終日:自由行動

朝食:ホテル 昼食:なし 夕食:なし
宿泊ホテル:イビス パリ ポルト ド ベルシー



朝起きて、テレビを付ける。
CMもお洒落。
a0262144_22482957.jpg


掃除機みたいなドライヤー。毎度ながら髪型が決まらない。
a0262144_22513647.jpg


今朝もとびきり美味しい朝食。元気出ます006.gif063.gif
a0262144_22522830.jpg


さて、お出かけです。
添乗員さんはロビーでツアーデスクを開いていた。
皆、モンサンミッシェルなど行きたい場所それぞれ。

私たちは映画『アメリ』のロケ地を巡りながら町歩きに決定072.gif
ガイド本は、雑誌『TITLE』(2004年)
雑誌など持ち歩きたくなかったけど、
色々と書きこんでいたコピーを飛行機の中に忘れてしまったので。
でも結果的に、この雑誌、すごく役に立った!045.gif
a0262144_22574039.jpg

072.gif目指す場所
・サクレ・クール寺院
・アベス駅
・サン・マルタン運河の橋
・オ・マルシェ・ド・ラ・ビュット(八百屋)
・スターリングラッド駅
・カフェ・デ・ドゥ・ムーラン
・東駅

全部行けるかな?
まずはホテル最寄りの地下鉄駅まで歩く。

偽物の木
a0262144_232087.jpg


日曜の朝。人っ子1人いない。
a0262144_2322034.jpg


休憩中の電車たち。(歩道橋の上から)
a0262144_2323746.jpg


地元スーパー
a0262144_2325323.jpg


地下鉄の入り口を見つけました。
a0262144_2331524.jpg

券売機。私たちはカルネという回数券をホテルで購入済み。
a0262144_2237196.jpg


ここは8号線のリベルト駅
a0262144_22412181.jpg

a0262144_23425996.jpg


電車の中はこんな感じ
a0262144_23345966.jpg


マドレーヌ駅到着。12号線に乗り換えます。
a0262144_22283810.jpg


マドレーヌ駅
a0262144_2230869.jpg

a0262144_22302750.jpg

a0262144_22304260.jpg


次降りるのは、アベス駅!
アメリとニノが初めて出会った場所!!!



[PR]

by treeofhope | 2012-05-27 23:13 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 23日

パリの夜 2012年3月17日


18時に再集合して夕食レストランへ。
a0262144_13502638.jpg


a0262144_13515425.jpg



中に入ると、びっくりするぐらい赤い空間だった。
秘密の部屋って感じ。
a0262144_13525725.jpg


a0262144_13533303.jpg



まずはパテ
a0262144_13542471.jpg



隣は大好きな倉敷親子(ツアー仲間)の娘さんだった。
この娘さん(大学生)は個性的でとても可愛いのだ。
尖がった鼻が可愛い女の子。
服も個性的でお洒落。
気取ってなくて、型にハマっていないところが好き。
一緒に最近ハマっているチャンジャの話で盛り上がらる。
そのお母さんはイタリアでモテモテだった。
前の席には高校生親子。
娘さん高校生なのに落ち着いていて大人。
お母さんは旅行の下調べをしっかりしてきていて、
話していてとても勉強になる。



牛肉とポテト
a0262144_13545259.jpg


チョコケーキ
a0262144_13552062.jpg



今日の夕飯がみんなと食べる最後の晩餐。
少しセンチメンタル
a0262144_13560510.jpg



今日はホテルに隣接しているスーパーが開いてる時間に帰れた!
ただし、あと20分で閉店!
a0262144_13563833.jpg



明日は日曜日。
スーパーはお休みなので、色々と買い込む。
チーズ、お酒、水、お菓子など
a0262144_13572920.jpg


明日は自由だー!!!

[PR]

by treeofhope | 2012-05-23 23:00 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 21日

パリ半日自由行動 2012年3月17日

パリでの自由行動は今日の午後と明日丸々1日。


今日の自由時間終わりの集合場所
a0262144_21535156.jpg
↑ユニクロパリ店。オペラ座の近く。


迷ったけど、
まずはポンピドゥー・センターへ行くことにした。
時間余ったら、オルセーへ行く予定。

オペラ座外観だけ見学し、地下鉄へ。
添乗員さん(札幌在住)の話によると、
パリの地下鉄は東京の地下鉄より分かりやすいとのこと。
主要駅ではなく、乗り入れが少ない駅(2、3本の線が交差している駅)で乗り換えると良いらしい。
通路長いので。


3号線のOperaから乗車。
a0262144_21555573.jpg


アール・エ・メティエ駅で下車。
※ガイド本によると、ポンピドゥー・センターの最寄り駅はランビュトー駅とあるが、
アール・エ・メティエ駅からも行けるよ。
a0262144_22443419.jpg


絵になるなぁ。
a0262144_21573227.jpg


イムジン、地下鉄撮りまくり
a0262144_2245312.jpg


ここだ!
a0262144_225652.jpg
↑思った通りの奇抜な外観



ポンピドゥーセンター前の広場
a0262144_224164.jpg


着いた途端、雨が降ってきた057.gif
そういえば、パリの人たち、あまり傘さしていませんでした。
コートをかぶり、さささっと歩く人たち。

1階にて、もたつきながらも国立近代美術館のチケットを購入。
低い階から順番に見て行く。

今、思えば、上の階の方にマティス、ピカソなどメインの展示があったのだが、
若手アーティストっぽい作品に夢中になり、時間を忘れてはしゃいでしまった。
a0262144_2211415.jpg
↑はるおいます。。。



忘れられない空間(小さな部屋)があった。
エキゾチックな音楽が流れ、
一定の速度で電気が点いたり消えたりを繰り返していた。
そこでスレンダーな女性2人が自由に踊っていて、
その影が壁の白いスクリーンに映り込み、セクシーだなと思った。
私の体が映ってもなぁ・・・
と思いつつ、写真に撮ろうとするも、光の点滅でうまく撮れない。
ムービーなら音楽まるごと撮影できる!と思い、
撮影するも、何かの拍子で消してしまった。
とほほ042.gif


ポンピドゥーセンターの全貌
a0262144_22594627.jpg
↑ミニチュアをミニチュアモードで撮影してみたよ。



ポンピドゥーセンターのエスカレーター(透明のチューブ部分)からの眺め
a0262144_22152274.jpg
↑モンマルトルのサクレ・クール寺院が右側奥に見えました。



屋上のモダンカフェで休憩タイム
a0262144_22163131.jpg


テラス席にて、美しい一輪のバラの花053.gif
a0262144_239333.jpg


想像以上に楽しかったポンピドゥーセンター070.gif
遊び疲れたので、オルセーは諦める。

集合場所に早めに戻り、私とイムジンも別行動することにした。
イムジンは行きたいお店があるらしい。
私は、ギャラリー・ラファイエット(大型デパート)でお土産を探すことに。
でもすぐに疲れて、本屋でポストカードを物色したり、屋上に登って景色を眺めてた。
ぼー。
a0262144_22241185.jpg


どこからでも見えるエッフェル塔
a0262144_2225358.jpg


こうゆう写真が撮りたくて、ミニチュアモードがあるデジカメを選んだ045.gif
a0262144_22255158.jpg


オペラ座の裏側
a0262144_2226650.jpg


1人は1人で心細かったりする。
やっぱり小さな東洋人女。
何だか落ち着かない。

知らないうちにイムジンに頼りきっていたよう。
地図も地下鉄も。
心の中でひっそり感謝する。



[PR]

by treeofhope | 2012-05-21 23:16 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 20日

パリ市内観光 2012年3月17日

072.gifツアー7日目               

9:00  ホテル出発。《パリ市内観光》
     ノートルダム寺院、エッフェル塔、シャンゼリゼ通りなど(約3時間)
      フランスギフトショップ(約40分)

12:30 昼食:エスカルゴ

13:30 昼食後、自由行動

19:30 夕食:ビーフ料理
21:00 ホテル到着予定

朝食:ホテル 昼食:レストラン 夕食:レストラン
宿泊ホテル:イビス パリ ポルト ド ベルシー



ホテルの朝食
a0262144_22294559.jpg
↑あまりの美味しさに涙。


外カリッカリ、中モチモチの理想的なクロワッサン053.gif
イタリアの固いパンに辟易していたので、テンション上がる!
コーヒーも香ばしくて旨い!
明日もこのコーヒーを飲もうと、名前を覚える。
CAFE LONGLONG COFFEE

このホテル、自動販売機が故障していて、
昨日の夜、水1本手に入れるのに本当に苦労した。
隣接しているスーパーも閉まっていて、
フロントマンにバーまで階段で登らされるも見つからず、
エレベーターはうまく動かない。
謎の建物だけど、とにかく朝食だけはパーフェクト!

朝食後、少しだけホテル周辺を散歩。
天気は曇り。


パリ市内観光へ。
現地ガイドさんはちょっと苦手なタイプでした。
バスの乗り降り、時間が無いのは分かるけど、歩くのも早いし、皆付いてきてない。


パリ市庁舎
a0262144_22362876.jpg


The streets of Paris
a0262144_22422158.jpg


a0262144_22422944.jpg


ノートルダム寺院
a0262144_2243322.jpg



072.gif映画『アメリ』より

息子が欲しい母は
ノートルダムで毎年お祈りを

3分後
天から答えが落ちてきた。

残念ながら赤ん坊ではなく
失恋して身投げしたー
カナダ人観光客だった

アマンディーヌ・プーラン
即死



ノートルダム寺院の前の広場
a0262144_22431760.jpg


a0262144_2243413.jpg


ノートルダム寺院の中に入る。
その豪華さ、美しさに目を奪われ続ける。この旅No.1053.gif
a0262144_22441233.jpg


ステンドグラスが好きです。
a0262144_2245847.jpga0262144_2245245.jpg


小学生の時、図工の時間に原色のセロファンを使ってステンドグラス風の作品を作った記憶が蘇ってきました。

もっとゆっくりここに居たかった045.gif
a0262144_2248166.jpg


ノートルダム寺院を近くで激写。
a0262144_2250142.jpg


a0262144_22502696.jpg


Seine
a0262144_225044100.jpg


a0262144_2251666.jpg


再びバスに乗り込み、車窓から見たのは
オルセー美術館⇒コンコルド広場⇒シャンゼリゼ大通り⇒凱旋門
そして、エッフェル塔で下車。

パリに来たぞ!って感じ053.gif
a0262144_22512628.jpg


ルーブル美術館の三角ピラミッドも車窓から少しだけ。


昼食を食べるレストラン。お洒落な外観
a0262144_2251484.jpg


テーブルセットも美しい
a0262144_2252823.jpg


エスカルゴ
a0262144_2252277.jpg
↑1人6匹ずつ。エスカルゴって匹で良いのか? ガーリック味だった。



骨付きチキンとじゃがいもの山042.gif
a0262144_22524275.jpg


出てきた瞬間、「プッチンプリン!」という言葉が飛び交う。
a0262144_22532649.jpg


さてさて、昼食後は、お待ちかねの自由時間!
ルーブル、オルセー、モンマルトル、ベルサイユ宮殿など行きたい場所だらけだけど、
時間は限られている。
どこ行こう~?とギリギリまで迷う039.gif



[PR]

by treeofhope | 2012-05-20 23:55 | イタリア&パリ | Trackback | Comments(0)